公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構 緑化功労者

「緑の募金」にご協力をお願いします。募金は随時受け付けています。    ■募金キャンペーン期間■  春 4月1日〜5月31日  秋 9月1日〜10月31日

 



緑化功労者
学校関係緑化
標語の部
ポスター原画の部




Eメールはこちらから



平成27年度栃木県緑化功労者
 

■ 概要

 本県の緑化運動の推進や森林整備など地域環境の保全に貢献し、功績が顕著であった方を表彰する「栃木県緑化功労者」の平成27年度の表彰者が決まりました。

主   催:栃木県、公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構 
表彰者数:知事表彰  1団体、1個人
       とちぎ環境・みどり推進機構会長表彰 1団体
表 彰 式:「平成27年度環境とみどりの県民大会」(平成28年2月12日(金)、
      栃木県総合文化センター)の式典において実施
 

■ 知事表彰

  NPO法人 山野草保存会(会長 石澤 隆美)  那珂川町

 平成5年、地元の有志達によるカタクリの保護と増殖の取り組みが開始され、群生地が形成された。その活動は、カタクリを育てるだけにとどまらず、ザゼンソウ、ショウジョウバカマなどの繁殖を図り、群生地の種類を増やしていった。その後、平成13年に法人化し、カタクリ山公園の管理委託以外にも、腐りかけた木道の交換や風水害で崩れた窪地の整地、公園隣接地の下刈りや周辺の公道の清掃も行うなど積極的に活動することにより、公園とその周辺の美観は常に保たれている。平成27年からは、とちぎの元気な森づくり県民税事業により、公園内の遊歩道を新設するなどして、さらにカタクリ山公園を身近に親しめる自然空間に整備する予定である。

 ・高藤 哲男(71歳)  日光市

 氏は、昭和62年度野口小学校PTA会長就任以来、自身の管理する田畑のうち5アールを学校農園、5アールを稲作用水田として25年以上にわたり野口小学校へ提供している。学校農園では、野菜づくり体験学習ができるように、水田では田植えや稲刈り体験学習がそれぞれできるように、氏が土地の入念な整備や十分な管理を行っていることで、子供たちの体験活動が充実し、作物への関心・収穫の喜び・感謝の心を育むことができ、環境緑化活動への意識を非常に高めている。また、自身の管理する山林の一部を森林環境学習のために野口小学校へ提供し、平成20年度、26年度、27年度には、間伐体験の協力者として特色ある学校づくり活動に貢献している。併せて、平成14年度から平成21年度まで、キノコの植菌指導も行い、しいたけ生産促進事業に尽力している。野口小学校のみならず、近隣の安良沢小、足尾小などにも出向き、指導にあたってきている。
 

■ とちぎ環境・みどり推進機構会長表彰

 ・中粕尾水と緑の会(会長 若林 正夫) 鹿沼市

 当会は、親水公園整備に伴い地域住民によって組織され、コカナダモの除去や堆積土砂の撤去、林床、藪の草刈り等を定期的に行い、在来種の保護に努めている。併せて、水路の両岸には、エノキやエゴノキなど昆虫や鳥が好む樹種を植栽・移植し、生物多様性を考慮した里山林を創りだし、豊かな里山の風景を作り出した。その結果、昆虫相も厚くなり、絶滅危惧種の生息なども次々に確認されている。また、周辺耕作放棄地も活用し、小松菜の種子を播き、春には見事な菜の花畑風景を作り出し、「菜の花交流会」「生きもの観察会」等多くの行事を公開で実施し、都市部の人たちの参加者も多く訪れ、農村と都市との交流にも一役買っている。




 

公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構  〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎別館3階  TEL 028-643-6801  FAX 028-643-6802